『ノンストップ』フキノトウのジャーマンポテト風のレシピ|笠原将弘さんのおかず道場

2022年2月21日『ノンストップ』で放送された、賛否両論オーナシェフ笠原将弘さんの絶品料理のレシピ・作り方をまとめてご紹介します

今回の笠原将弘のおかず道場は、旬の野菜フキノトウを存分に楽しめる「フキノトウのジャーマンポテト風」を教えてくれました。

こちらの記事では、フキノトウのジャーマンポテト風のレシピ・作り方を分かりやすくまとめてご紹介します。

番組を見て気になった方も、たまたま見逃してしまった方も、ちょうど新しいレシピを探していた方も、楽しく美味しい料理時間の参考になれば幸いです。

Contents

「フキノトウのジャーマンポテト風」のレシピ

『ノンストップ』フキノトウのジャーマンポテト風
『ノンストップ』フキノトウのジャーマンポテト風

材料(2人分)

  • ふきのとう      2個
  • ベビーホタテ(ボイル) 10個
  • じゃがいも      1・1/2個
  • しいたけ       2枚
  • サラダ油       大さじ1
  • 塩          適量
  • マヨネーズ      大さじ1
  • しょうゆ       大さじ1/2
  • みりん        大さじ1/2
  • こしょう       適量

作り方

  1. じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、水から下茹でし、やわらかくなったらザルに上げます。
    しいたけは軸を除き、薄切りにします。
  2. フキノトウは花とガクで分け、花は手でバラバラにほぐします。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、ほぐしたフキノトウの花を炒め、茶色く色づいたら塩をふって取り出します。
  4. フライパンをきれいにしてマヨネーズを入れ熱し、下茹でしたじゃがいも・しいたけ・ベビーホタテを炒めます。
  5. しょうゆ・みりん・こしょうを加え、フキノトウを戻し入れ炒め合わせます。
  6. 器に盛り、ふきのとうのガクを散らしたら完成。

ポイント:笠原の極み

マヨネーズで炒めてコクをアップすべし

ガクは生のままで風味を活かすべし

『笠原将弘さんのレシピ本』

著者プロフィール | 笠原 将弘(カサハラマサヒロ)
東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」店主。1972年東京生まれ。高校卒業後「正月屋吉兆」で9年間修業したのち、父の死をきっかけに武蔵小山にある実家の焼き鳥店「とり将」を継く゛。2004年に自身の店「賛否両論」をオープンし、瞬く間に予約の取 れ な い人気店として話題になる。直営店として2013年に名古屋店、2019年に金沢店もを開店。手がける料理レシピ本の人気も高く、著書累計は100万部を超える。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。
こちらの記事が少しでもお役に立てば幸いです。

番組情報
 フジテレビ系列『ノンストップ!』
 毎週月曜~金曜 9時50分~11時25分
 平日午前中に生放送でおおくりする情報番組。
  出演者:設楽統、三上真奈 他

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Contents