『家事ヤロウ』和田明日香さんのお悩み解決レシピまとめ|ひと味違うカレー&ベビースターコールスロー

2022年1月25日の『家事ヤロウ!!!』で放送された、和田明日香さんのレシピ・作り方をまとめてご紹介します。

今回はサッカー元日本代表の大久保嘉人さんのお悩みを解決するべく、ホテルや洋食店のようなひと味違うカレー野菜嫌いの息子がパクパク食べる激うま野菜料理を披露してくれました。

こちらの記事では、番組で披露された「和田明日香さんのお悩み解決レシピ」の作り方をまとめてご紹介します。

番組を見て気になった方も、たまたま見逃してしまった方も、ちょうど新しいレシピを探していた方も、楽しく美味しい料理時間の参考になれば幸いです。

同日放送の他レシピはこちら↓↓

Contents

和田明日香さんの「ひと味違うカレー」のレシピ

『家事ヤロウ』ひと味違うカレー
『家事ヤロウ』ひと味違うカレー

材料

  • 玉ねぎ   1 個
  • ニンニク  1片
  • ショウガ   1 片
  • にんじん   1 本
  • じゃがいも  2 個
  • オリーブオイル  大さじ 2
  • 水       4 カップ(800ml)
  • しょう油   大さじ 1
  • 牛薄切り肉  300g~350g
  • 塩コショウ  適量
  • オリーブオイル 適量
  • カレーフレーク 100g
  • インスタントコーヒー 小さじ 1

使用したカレールー:「横濱舶来亭カレーフレーク」
20種類以上のスパイスを配合した溶けやすいフレーク状のカレールー

作り方

  1. 玉ねぎを薄切り、ニンニクとショウガ、にんじん、じゃがいもをすりおろす
  2. 鍋にオリーブオイル、ニンニクとショウガを入れ強めの中火で炒める
  3. 玉ねぎを加え、さっと焦がすイメージでしっかり焼き色をつける
  4. すりおろしたにんじんとじゃがいもを加え油をなじませたら、水を入れる
  5. しょう油で下味をつけ、弱めの中火で煮込む(煮詰まるようなら水を足す)
  6. 牛薄切り肉に塩コショウをしっかり振る
  7. フライパンにオリーブオイルを適量ひき、強火でしっかり熱くしたら肉を入れ焼き色をつける
  8. ④に牛肉を油ごと加える
  9. カレーフレーク、インスタントコーヒーを加え 10 分煮込む
  10. カレーフレークやコーヒーをお好みで調整したら完成!

ポイント

★具材をすりおろして加えることでずっと煮込んだようなカレーになる

★玉ねぎはじっくり炒めず、さっと焦がすイメージで!

★牛肉を焼くときはあまり触らず表面を焦がすように

和田明日香さんの「ベビースターコールスロー」のレシピ

『家事ヤロウ』ベビースターコールスロー
『家事ヤロウ』ベビースターコールスロー

材料

  • 玉ねぎ 1/2 個
  • 塩   適量
  • キャベツ 1/2個
  • にんじん 1/3本
  • ピーマン 1個
  • ハム   5枚
  • 酢    100ml
  • 砂糖   大さじ5〜6
  • 海苔の佃煮 大さじ2〜3

作り方

  1. 玉ねぎを薄切りしザルに入れ、塩を振ってよくもみ水気を切る
  2. 断面をそぎ落とすようにキャベツをスライスする
  3. にんじん本、ピーマンをできるだけ細く切り揃える
  4. ハムを野菜に合わせて切る
  5. ボウルに酢、砂糖、海苔の佃煮をお好みの味に調整しながら混ぜ、野菜とほかの具を加えなじませ冷蔵庫で30 分以上おく
  6. ベビースターをトッピングしたら完成!

ポイント

★ピーマンはめくりながら切ると芯が綺麗に取れる

★具材はカニカマ、ツナ、ゆで卵、コーンもおすすめ!

大人気『和田明日香さんのレシピ本』

和田明日香さんが毎日作っている食事を友達に話す感覚で書いたというレシピは分かりやすくて、作りやすくて美味しいおかずがたくさんと評判です。

著者プロフィール | 和田明日香(わだあすか)
料理家。食育インストラクター。東京都出身。3児の母。
料理愛好家・平野レミの次男と結婚後、修業を重ね、食育インストラクターの資格を取得。各メディアでのオリジナルレシピ紹介、企業へのレシピ提供など、料理家としての活動のほか、各地での講演会、コラム執筆、CM、ドラマ出演など、幅広く活動する。2018年、ベストマザー賞を受賞。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

こちらの記事が少しでもお役に立てば幸いです。

番組情報
 テレビ朝日系列『家事ヤロウ!!!』
 毎週火曜日 19時00分~
  家事初心者の3人が家事をゼロから学ぶドキュメントバラエティー。
   出演者:バカリズム/中丸雄一(KAT-TUN)/カズレーサー(メイプル超合金)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Contents